【WordPress】URLはそのままにスッキリとサブディレクトリにインストールする方法

WordPress を基本的な手順にしたがってインストールすると、ドキュメントルート直下に大量のファイルが設置されてしまいます。URLはそのままにスッキリとサブディレクトリにインストールする方法をご紹介します。

手順は公式ドキュメント WordPress を専用ディレクトリに配置する にある通りですが、はじめての方でもわかりやすいよう、キャプチャーや補足説明を加えて説明していきます。

基本インストールの問題

記事冒頭のように基本手順にしたがって WordPress をインストールすると、ドキュメントルート直下にファイルが溢れかえってしまいます。

WordPressインストール直後のファイル構成

WordPress だけのシンプルなウェブサイトなら許容範囲かもしれませんが、多くのウェブサイトはそうではないでしょう。

sitemap.xml / robots.txt のような基本ファイル 、about.html / faq.html といったような静的HTMLページ、css / js / javascript / img / images といったディレクトリ、他CMSのファイル…など様々なファイルがドキュメントルート直下に設置されているかもしれません。

ドキュメントルート直下を散らかさないよう WordPress をサブディレクトリ(ここでは /wp/ というサブディレクトリにします)にまとめて、インストールしてみましょう。

もちろんサイトのURLが http://ドメイン名/wp/〜 になってはダメですね…。WordPressの実体はサブディレクトリ /wp/ にまとめつつも、サイトのURLは http://ドメイン名/〜 のままが目標(ゴール)です。

1. サブディレクトリにインストール

サイトのURL:  http://localhost/
WordPress の設置ディレクトリ:  ドキュメントルート直下の /wp/

最終的なサイトURLは http://localhost/ になりますが、まずは http://localhost/wp/  というURLにインストールします。

1.1 サブディレクトリの作成

まずドキュメントルートの直下にディレクトリ wp を作ります。

 

1.2 WordPress ファイルの設置

WordPress のソースを公式サイトよりダウンロード&解凍して、wpディレクトリにファイルを設置します。

WordPress をサブディレクトリにインストールする方法1-1

 

1.3 インストール実行

ブラウザから http://localhost/wp/ にアクセスすると、お馴染みのインストール画面が表示されるかと思います。ウィザードにしたがって WordPress をインストールしましょう。

インストール画面

 

1.4 インストール確認

http://localhost/wp/ にアクセスしてインストールされたことを確認しましょう。WordPress 4.9 の場合は下記のような画面になります。

WordPress をサブディレクトリにインストール直後

2. サイトURLの移行

サイトURLを http://localhost/wp/ から http://localhost/ に移行します。

2.1 サイトアドレス(URL)の変更

WordPress の管理画面にログインし、左メニューの 設定 > 一般 より一般設定を開きます。一般設定の項目「サイトアドレス(URL)」を以下に変更して保存します。

変更前: http://localhost/wp
変更後: http://localhost

WordPress をサブディレクトリにインストールする方法 - 手順2

変更するのは「サイトアドレス(URL)」だけです。間違って「 WordPress アドレス(URL)」を変更すると、サイトにアクセスできなくなるので注意しましょう。

 

2.2 .htaccess と index.php のコピー

WordPress をインストールしたディレクトリ(ここでは /wp/)の直下にある .htaccess と index.php の2ファイルをドキュメントルート直下にコピーします。

下図のようにインストール時にドキュメントルート直下に .htaccess が生成されることがありますが、上書きでOKです。※ただし既存ウェブサイトの場合には下記の注意事項を参照。

.htaccess と index.php をコピー

既存ウェブサイトの場合には単純に上書きコピーしてはいけません。ドキュメントルート直下の .htaccess や index.php はウェブサイト全体に関与する重要な制御を行います。上書きしてしまうとウェブサイトの挙動を変えてしまうので、各自の運用状況に合わせた対応が必要になります。

移動ではなく必ずコピーすることに注意してください。/wp/.htaccess と /wp/index.php はもとのまま残しておく必要があります。

Windows(IIS)サーバの場合は .htaccess ではなく web.config ファイルを設置する必要があります。IISの場合の手順は公式ドキュメント WordPress を専用ディレクトリに配置する を参照ください。

 

2.3 コピーした index.php の編集

コピーした index.php つまりドキュメントルート直下にある index.php の 17行目を次のように編集・保存します。

変更前: require( dirname( __FILE__ ) . ‘/wp-blog-header.php’ );
変更後: require( dirname( __FILE__ ) . ‘/wp/wp-blog-header.php’ );

 

以上でサイトURLが移行されます。

 

2.4 最後に目視確認

http://localhost/  にアクセスしてみましょう。問題なく閲覧できることを確認したら完了です。

ドキュメントルート直下にあるのは .htaccess と index.php と wp ディレクトリだけ!散らかすことなくインストールすることができました。

インストール済みWordPressの場合は?

ここでは新規インストールの手順を紹介しましたが、すでにインストール済みの場合でもURLそのままにサブディレクトリに移行することができます。

インストール済み WordPress についての具体的な手順は、公式ドキュメント WordPress を専用ディレクトリに配置する に詳しく書かれているのでチェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です